伝右川・雷電橋

CIMG1917.jpg

CIMG1917.jpg

CIMG1918.jpg

CIMG1927.jpg

伝右川・雷電橋から南方向を写す・・・5日・6日・7日の昼・7日の夕方・・・待ってましたとばかりに一気に咲いた

2日にお花見の会をやったのだが、もうちょっとだった。例年は3月末には一番下の写真のようになってた。

CIMG1924.jpg

伝右川は綾瀬川に沿ってその昔新田開発のために作られた川だ、雷電橋の名の由来は分からない。
新田開発の人の名前をとった・・・岩槻の伝右衛門さん


雷電・・・太平洋戦争当時作られた戦闘機
雷電為衛門・・・江戸時代の名力士(生涯10回しか負けなかったという言い伝え)

長屋門・お花見の会

CIMG1872.jpg

ここでウォーキング出発前に記念の集合写真を撮ってからスタート

CIMG1885.jpg

まあまあ咲いてる木もあったが・・・

CIMG1879.jpg

大体、こんな感じです

長屋門珈琲愛好会のメンバーを中心にお花見と洒落てみました。
去年の秋には芋煮会をやって好評だったので第二弾としてお花見の会を催しました。
天気が気がかりだったのですが昨日とは打って変わって朝から太陽が出てお花見日和になった。
東京の開花宣言から大分経過したが一昨日の井之頭公園同様我が家の近くの伝右川の桜もイマイチで、3分咲き、咲いてる木でやっと5分咲きというところです。

それでもウォーキングコースを決めた地図を皆さんに配って長屋門をスタートする。
伝右川を北に向かって歩く、遠くからは蕾しか見えなかったのが木の近くに来るとそれなりに咲いてるので納得しながら散策。
途中から折り返して武蔵野線方向に進む。

CIMG1887.jpg

次の折り返し地点の佐藤第2公園では地元の有志の皆さんが企画運営した第1回目の「さくら祭り」が盛大に行われていた。
東川口地区はこういう催しが今まで全く無かったが埼玉高速鉄道(地下鉄)や何社かのスポンサーも付いて大々的に開催されるのは初めてじゃないかと思った。
企画した方々や実行に移すまで携わった人たちの努力は大変なものだったろうと推察される。

我が方も公園を折り返して約5000歩で長屋門に帰る。
今回は芋煮に代わって豚汁で盛り上げた。
参加者から日本酒の差し入れがあったりして、集まった20数人の方々は暖かい日差しをあびて大満足。
後半お得意のコーヒー(スペシャルブレンド)も出て時の経つのも忘れて楽しむ。
最近はお屋敷内でそれも内庭で20数人も宴会出来る所は少ない、ありがたい事で芝生に机・椅子で豚汁とお稲荷さんや巻きずしをほうばりながらビール・日本酒で楽しむ。

CIMG1899.jpg

CIMG1888.jpg


2次会も盛人大学の仲間を中心に長屋門内の応接室で、この前「得ゼミ」で教わった角のハイボールを厚川薬局長から振舞われ又々満足。
夕方解散する時には全員かなり酩酊していた、昼酒は効くよ。

大いに喋りそして語って、好天と相まって最高のお花見の会であった。

花より団子(焼き鳥)

CIMG1850.jpg

井之頭公園でお花見で~す

CIMG1854.jpg

咲いてるとこだけを写しました

毎年この時期には吉祥寺に住んでいる小学校時代の同級生の倫ちゃんとお花見でした。
去年、仲間を呼ぼうぜと小学校時代の同級同窓会の幹事役のY君に頼んで招集をかけてもらいました。
後期高齢者の面々が10人集まりお花見を決行の運びとなった訳だが、毎年二人の爺さんでお花見をしていた時には満開だったのが(時期は全く同じ)今日は、この何日間かの低温が災いして2~3分咲でした。
桜は写真では5分咲きみたいに写ってるが実際はまだまだ蕾かせいぜい3分咲きの木が多く、花見客も写真に写ってるような所は希で殆んどまばら状態、そして気温も低かったせいかイマイチ盛り上がりが欠けた。

それでも、1年ぶりに会った連中ばかりだったので歩きながら話が弾んだ。
会食会場の焼き鳥屋に予約した時間より早かったが、そこは顔の倫ちゃんが話をつけてくれて少し早めに会場入り。

CIMG1861.jpg

こ洒落た焼き鳥屋で初めての連中も満足してくれた。
お決まりの「昼ビール」、旧交を温めての乾杯を地元住人の倫ちゃんにやってもらって同級同窓会がスタート。
去年、何年かぶりの同級会が先月のように感じるぐらい話に花が咲き2時間半があっという間に過ぎた。
幹事役のY君が「これからもっと頻繁に会おうよ」とのことで皆さん賛同(こういう時は勢いがある)。
歳をとれば取るほどお喋りの機会が増えるのは良いことだ、この調子では次回は秋になるかも(この指とまれだ)。

さて、明後日は地元の長屋門の仲間のお花見だが井之頭公園よりもまだ咲いてない・・・・開花宣言日は例年通りだったが、自然は気まぐれだ・・・・・・・

KOSHIGAYA GOLF CLUB(旧越谷ゴルフ俱楽部)

CIMG1833.jpg

CIMG1839.jpg

KOSHIGAYA GOLF CLUB 昨日の悪天候からようやっと晴天になった

今日はいつもの仲間ではなく久し振りの旧ゴルフ仲間O氏と練習ラウンド。
まだ背筋の痛みがぶり返すと今年出来なくなりそうなので9ホールのみで付き合ってもらった。

ここのゴルフ場は昼からハーフOKと言うのもあり、午前中30球レンジで打ってからアプローチとパッティングをやって、軽く食事をしてスタート。
70パーセントぐらいの感じで打つ、9ホール(3200ヤード)河川敷ゴルフ場としては十分距離もあるしボギーペースで回れば今年初めてのことなので良しと決めてティーショットを打つ。

2オンを狙わないゴルフは楽なものだ、残り6~70ヤードを載せて2パット、エッジから1パットで凌いで4ホールまでボギーで回る。
面白いものでそうなると3オン1パットや、まぐれでパーオンして1パットやらで8ホールまで4オーバー、一回もドライバー使わなかったのでラストのホールにドライバーを使ったらドフックしてあやうくクリーク入りかける。
第2打クリークの手前ギリギリから(左足下がり)7番ウッドで打ったボールは今度は右の池に入ってしまうドタバタになった。
結果7打で43になってジ・エンド、それでも今年の初打ちは大成功だ、もう飛ばせなくなったので今年はボギーで良しと決めてラウンドだ。

これを年寄りゴルフと言うのだろう、3オン2パットでOKなら楽なもんだ、スコアはドライバーで思い切って飛ばしても全く変わらない、これがゴルフと言うものかも知れない・・・・・・

しかし、欲をかかないのはつまらないものだ・・・・・・・(いつまでも諦めが悪い年寄りゴルファーだ)
 

健康福祉村は春だ

CIMG1815.jpg

左は桜ですがまだ蕾は硬い、柳はぐんぐん芽吹いてます

CIMG1812.jpg

我が家もこんな時期があったのだが・・・

一日何にもしてないと身体がなまってしまうので健康福祉村に散歩に行く。
気温が上がると何となく身体が軽くなって楽に歩ける様になる、そんなことを感じるのは歳をとった証拠かも。

俺のこだわった自説だが体の脂分が溶けると身体全体が機能するようになる、恒温動物の人間は体温の調節ができるが変温動物はその時の温度で寒いと動きが止まってしまう。

それでも人間はかなり個人差があるようで、人種的なことは抜きにしても俺はだいぶ変温に近い。
寒いと手足が冷えて中々戻らない、風呂に入らないで寝る時はしばらく寝付けない。
そんな時は湯たんぽを使って布団をあっためてから寝るが歳とともに手足の冷えが顕著だ。

CIMG1824.jpg

コブシの花は満開です

CIMG1831.jpg

俺と同じ様に皆さんも気温が上がって活発に体が動いているのかな。

プロフィール

カメ爺さん

Author:カメ爺さん
FC2ブログへようこそ!
 サラリーマン歴38年(北は仙台、西は福岡、転勤13回)いろいろあった会社生活だった。
(企業戦士というシーラカンス)
 定年後は8年間後輩の会社の手伝い、現役時代の暴飲暴食がたたり狭心症になる、カテーテル4回後ついにバイパス手術する、
退院後突如、毎日が日曜日になってしまった。
川口のマンションで妻と二人生活、
子供3人孫3人。
趣味は船釣り・ゴルフ・読書(池波正太郎・藤沢周平)喫茶店巡り・散歩

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR