熱球・甲子園

夏の高校野球選手権はベスト4の対決が最高に面白い(戦っている球児には申し訳ないが)。
ベスト16からベスト8が決まるまでいろんなドラマがありその集約したのが準決勝だ。

今日の対決は広島・広陵高校⇔奈良・天理高校、第二試合は関東勢同士の埼玉・花咲徳栄高校⇔西東京・東海大菅生高校だった。
この4校の勝ち上がり方は凄かった、打って打って打ちまくる同じ様な勝ちっぷりで評論家の方々も全く予想がつかないと言っていた。

過去の多く勝ってきたチームには超高校級のピッチャーがいた、桑田・松坂など数えあげたらきりがないぐらい大勢のスターと呼べる主戦投手がいてそれで勝ってきた。
今年は各チーム複数の優秀な投手がいるが松坂みたいなスーパーエースがいない、その代わりバッティングの方が凄い。
金属バットせいもあるがやたらホームランが出る、下位バッターでも一発が出るので点数が離れていても直ぐに追いつかれてスリリングな試合になる。

その中でも今年もやはり目立つバッターが出て来た、広陵高校の中村捕手だ。
怪物PL清原のホームラン記録を軽く超えてしまった、今日の天理戦でも2ホーマーだ。
第一試合広陵大量リードするが天理も9回に意地を見せ連続安打で追いつめたが広陵が逃げ切った。

第二試合はもっと面白かった、俺が今住んでいる埼玉県の代表と実家があり出身高校の地区の西東京代表の対決だ。
両校応援したいが勝つのは一校だ、どっちが勝っても良いが一方的な試合にならなければと思っていたが、期待にたがわず壮絶な試合になった。

花咲徳栄が常に一歩リードしていたが東海大菅生もしぶとく延長までもつれた、結局先行していた花咲徳栄が11回で決着をつけたが久しぶりに高校野球を堪能した。

決勝は中村捕手の広陵と複数エースのいる我が埼玉代表花咲徳栄(コロッともう埼玉を応援)との戦いだ、正々堂々と力いっぱい戦って欲しい。

ちなみに俺の母校が初出場した時(30数年前)には甲子園まで観戦に行った(一回戦で負けた)。



CIMG2710.jpg

真夏も峠を越えた、綾瀬川の土手ではもうコスモスが咲いていた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメ爺さん

Author:カメ爺さん
FC2ブログへようこそ!
 サラリーマン歴38年(北は仙台、西は福岡、転勤13回)いろいろあった会社生活だった。
(企業戦士というシーラカンス)
 定年後は8年間後輩の会社の手伝い、現役時代の暴飲暴食がたたり狭心症になる、カテーテル4回後ついにバイパス手術する、
退院後突如、毎日が日曜日になってしまった。
川口のマンションで妻と二人生活、
子供3人孫3人。
趣味は船釣り・ゴルフ・読書(池波正太郎・藤沢周平)喫茶店巡り・散歩

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR