ペリアはいつも味方ではない

CIMG2369.jpg

旧会社のOB会コンペ、歴史あるコンペで今回は何と348回だ

ゴルフを始めたての頃(40数年前)よく通った河川敷のコース。今では立派なリンクスのコースに変貌した。
大宮国際カントリークラブには随分通ったものだ、当時はゴルフ場の数がまだ少なくサラリーマンには土日にビジターでプレーさせてくれるところが少なかった(たまたま知ってる従業員がいた)。

その頃のこのコースは河川敷そのもので障害物は全くなく隣のコースによく打ち込んだものだ。
異なった9ホールが5箇所あり(合計45ホール)我々は「ちどり・しらさぎ」とわりと広いコースの方を使う。
旧会社のこのコンペは高齢者が多くいるので最近としては珍しくキャディさんが付く。
カートもフェアウェイ乗り入れOKだし河川敷なのでアップダウンも無いまさに高齢者の最後のプレーできるコースだ。
何せ俺の歳が全体の平均より若いぐらいだから凄いよ。

前回のコンペ(先月の地元の会)では新ぺリア方式で良い思いをさせてもらったが今回は全く逆目が出た。
スコアそのものはやっぱり低調だったが(今年はずっと悪い)、この日はハーフ3ホールをチョイスする旧式のペリア方式だった。
何とかぺリア方式にすがりたかったが午前・午後とも(合計6ホール)隠しホールは全部ボギーでハンディを16にされてしまった。
今の実力では16では全然駄目で全体のビリから3番目(ブーブーにもならず)になってしまい、いつも上手くいくとは限らないなあアと思った(そうツキは続かないよ)。

この日の一週間前の天気予報は雨の確立が80パーセントだった、前日は午後から50パーセントに変わっていて何とかパラパラぐらいで終わってくれたら良いなと思って出かけた(雨具の用意はバッチリしていった)。
ところがパラパラどころか滅茶苦茶天気が良く、一同、これではスコアが悪くても天気のせいには出来ないななんて言ってた。

午後のスタート時に少し曇っただけでその後は暑いぐらいになって幹事いわく「このコンペに雨はない」何て言いきる。

CIMG2367.jpg

都心からも近く林間コース風な河川敷なので人気があり高齢者中心に朝から大勢プレーしていた。

CIMG2371.jpg

若い時にはこんな樹木は無かった、若葉が凄く綺麗だ、コースも広々として気持ちが良い(その割にスコアはメタメタだったが・・・実力です)。
生きてるだけでも凄いよとか、もうよれよれだけど何とかやるぞとかセリフもひどいが皆さんそれは楽しそうにプレーしていた。
俺のこの日のハイライトは最終ホール(パー5・・・475ヤード・ドラコンホール)、馬鹿当たりしてドラコン賞を取る。
お調子に乗って残り195ヤードの池越えをスプーン(ウッド3番)で狙う、スプーンだと当たると200ヤード以上行くのでチョッと緩めたのが悪く見事池へ一直線、ところが何とボールは池の水面を滑るように前に進んで1メートル以上ある土手まで越えてグリーン手前まで飛んで行った(奇跡に近いショットだ)。
だがこの超幸運もこの日の俺にはスコアに結びつかず、30ヤードのアプローチを手前のバンカーに入れ一発で脱出するもグリーンオーバーで散々だった。
だが、ドラコンは取れたし水切りもやったしと周りから歳の割にスゲエなんて言われて喜んだ一日であった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメ爺さん

Author:カメ爺さん
FC2ブログへようこそ!
 サラリーマン歴38年(北は仙台、西は福岡、転勤13回)いろいろあった会社生活だった。
(企業戦士というシーラカンス)
 定年後は8年間後輩の会社の手伝い、現役時代の暴飲暴食がたたり狭心症になる、カテーテル4回後ついにバイパス手術する、
退院後突如、毎日が日曜日になってしまった。
川口のマンションで妻と二人生活、
子供3人孫3人。
趣味は船釣り・ゴルフ・読書(池波正太郎・藤沢周平)喫茶店巡り・散歩

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR