お湯の注ぎ方で・・・

CIMG1702.jpg

長屋門珈琲愛好会・・・回を重ねるごとに淹れ方を習熟

今日は同じ豆、同じ挽き方だがお湯の注ぎ方でこんなにも味が違うかを試す。
前月にカフェ「カレント」でのコーヒー教室で教わったことを「長屋門珈琲愛好会」で試してみた。

使った豆は2種類、最初は東川口戸塚のコーヒー豆屋さん「縁」のブレンド(花見月・・ブラジル種のブレンド)を使ってやってみた。
4組16名での作業(毎回少しづつ人が増えてる)、使うドリップもハリオ式に統一し最初は蒸らし状態をやらずストレートにお湯を注ぐ。
それでも豆が良いせいかコクはあまり感じなかったもののそれなりに美味しかった。
次に何時もの淹れ方でお湯を注いで淹れてみた、その差は歴然としてバッチリとコクも出て香りも良く如何に最初の蒸らしがコーヒーを淹れるのに有効かハッキリと証明出来た。
休憩を挟んで今度はグアテマラを使って同じ作業をやる、ホントはモカを使いたかったが売り切れていたので代用した。
最初のブレンドは柔らかい感じがした豆だったがやはりグアテマラの方がよりハッキリと差が出た。

素人集団の珈琲愛好会だが素人なりに研究をして楽しめる、コーヒーも結構奥が深い。
これで豆の炒り方までやったらもう大変だ、その内コーヒーの木を栽培しようなんて笑っちゃう話まで出た。

来月はお花見で長屋門珈琲愛好会は休会だがもちろん会食の後コーヒーは淹れるよ(超スペシャルブレンド?)。

CIMG1701.jpg

長屋門(もっこう館)での作業、皆さん大分熱が入ってます。左の壁の掛け軸の字は厚川薬局長(会長)のお父さん(元校長先生)の力作です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメ爺さん

Author:カメ爺さん
FC2ブログへようこそ!
 サラリーマン歴38年(北は仙台、西は福岡、転勤13回)いろいろあった会社生活だった。
(企業戦士というシーラカンス)
 定年後は8年間後輩の会社の手伝い、現役時代の暴飲暴食がたたり狭心症になる、カテーテル4回後ついにバイパス手術する、
退院後突如、毎日が日曜日になってしまった。
川口のマンションで妻と二人生活、
子供3人孫3人。
趣味は船釣り・ゴルフ・読書(池波正太郎・藤沢周平)喫茶店巡り・散歩

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR