親子三代でのハゼ釣り

CIMG0803.jpg

CIMG0808.jpg

今日は長男と孫とで千葉の長浦にハゼ釣りに行った、午前は蔵波川河口でアタックです
 
先に釣り人がいたので「釣れますか」と釣りに行くと毎度お馴染みの挨拶を交わす「ここは全然つれませんよ」とのこと。
昨日大雨で川の水がかなり湾に入って厳しいなとは思ったが案の定だった。
餌を売っている店のおばさんも今年はまだ小さくて海には出てないよとのことで期待はかけてなかった。

以前から孫を連れて一度は利根川河口にハゼ釣りに行こうと言ってたが、長男が来月から長期出張になる予定なので当初計画していた11月を今月に変更した。
釣り宿に電話を入れたらまだハゼは小さいので船は出せないとのこと、残念だがやもうえず袖ケ浦・木更津に変更した。
木更津の金田海岸を想定して取り敢えず出かけたが、海に出るまでハゼが育ってないとのことで急きょ近くの川の河口に変更した。

釣れないと言われたのだが、まずは竿をだしてみた、何と続けて小さなセイゴを含めて5匹も釣れた。
先人はもうその時には釣り場所を変更していなくなっていた。
立て続けに釣ったので孫がびっくりしてお爺ちゃんすごいねなんて感心された(鼻ピクピク)。

息子や孫もチョコチョコ釣れ出した、こうゆう釣り環境が悪い時は船の下にまとまっている事があるので息子に俺は行けないけど係留してあるモーターボートの下を狙ってみたらどうだとアドバイス。
それが当たりで息子と孫はそこでかなり釣ることが出来た。
午前中のここでの釣果は3人で31匹、生育の悪い今年としてはまあまあだ(小さなセイゴは何匹かは放す)。

20匹を目標にしたので蔵波川河口を完了。昼から違う所の釣り場所に行ってみようと移動する。

CIMG0813.jpg

途中、袖ケ浦海浜公園に寄って公園内を散歩する(余裕です)。

当初予定した海岸の船溜まりはパスして木更津に移動する。

CIMG0818.jpg

小櫃川河口、最高の場所に来たと思った、川幅もあり景色も抜群、だったが
「ここで残ったエサを全部使い切ろう」なんて張り切って竿をあるだけ出して投げ入れてみたら・・・・・・
何と藻が川の底一面に繁茂していて全く釣りにならずに「ここは駄目だ」とがっくりして直ぐに移動。

CIMG0826.jpg

息子が地図を見て「自衛隊の横なんかどうかな」と小櫃川沿いを海の入り口まで細い道を入って行った。
江川漁港という小さな港があってそこに違う方向から小さな川が二本流れ込んでいた「ここは良いかも」と俺。
もう時間もないしここで残ったエサを使い切ろうと港の表の海側の河口まで行って見た。
何せ足りなくなったら困ると思ったので4パックも青イソメを買ったのでやる気十分で最後のトライをした。

小さな河口でどうせ釣れっこないと思って「釣れても釣れなくてもここで終わろう」と俺。
ところがである、孫が最初に釣ったではないか、俄然息子も俺も「勇気、やる気をもらった」と釣りだす。
たった1時間ぐらいで3人で27匹釣っちゃたではないか、段々暗くなってきて時間切れになってしまったが最後に孫が3匹いっぺんに釣ってめでたしめでたしで終わった。
小6の孫との最初の釣行は満足・満足の結果で終わった、仕事が忙しい中企画して連れて行ってくれた長男に感謝だ。


続きを読むも見て下さい




続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

カメ爺さん

Author:カメ爺さん
FC2ブログへようこそ!
 サラリーマン歴38年(北は仙台、西は福岡、転勤13回)いろいろあった会社生活だった。
(企業戦士というシーラカンス)
 定年後は8年間後輩の会社の手伝い、現役時代の暴飲暴食がたたり狭心症になる、カテーテル4回後ついにバイパス手術する、
退院後突如、毎日が日曜日になってしまった。
川口のマンションで妻と二人生活、
子供3人孫3人。
趣味は船釣り・ゴルフ・読書(池波正太郎・藤沢周平)喫茶店巡り・散歩

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR