街ゼミのおさらい

CIMG1786.jpg

2月にやった川口商工会議所主催の得する街のゼミナールで行った2箇所を再度訪問する。
写真の「かのん」は利き酒で行った「丸高寿屋商店」と同じ所にある奥さんがやっているカフェというかレストラン風な食堂です。
「かのん」とは音楽で使われる用語みたいです(お嬢さんが音楽家だそうです)。

CIMG1788.jpg

このお店の総菜はとっても美味しかったので酒店というよりこっちの店に来たのだ。
取り敢えずご指導を受けたご主人には型通りの挨拶をしてから同行の長屋門の厚川薬局長とビールを注文する。
瓶ビールでラベルはサッポロだった、川口には以前サッポロビールの工場があったのでその名残でサッポロを使ってるとのこと。
ビールのつまみ(おかず)はこの後チーズ入りトンカツが出た、家庭の味というか何でも美味しい店だ。

ご飯まで出そうだったが次に行くウイスキーバー「アラサイト」のため遠慮した。
厚川氏はご飯食べたそうだった、お腹が空いてるらしかったので「アラサイト」に行く途中で立ち食い蕎麦屋に寄る。

川口駅の西側からお花見で何回か来た西公園を通って東側に出る。
「アラサイト」はそごうの裏手の栄町(繁華街)にある、名前の由来はアラは荒川をもじってつけたんではなかろうか。
店の中は若い男女が数組来ていた、結構流行ってる店だったのだ。
この前習ったハイボール(角を使用)を注文、アシスタントのお兄さんと話してたらマスターが来てくれた。
覚えていてくれて効き酒の時のスコッチの名前の確認を話のネタにした。
2杯飲んでまた来るよと店を出る(感じの良い店だ)。

珈琲愛好会の反省会&お花見の打ち合わせ(多少こじつけではある)だったがたまには東川口を離れて飲むのも良いものだ。
お花見の本当の打ち合わせ?は直前にまたやろうと別れた(笑)。


スポンサーサイト

東川口⇔立石

CIMG1232.jpg

東武鉄道 スカイツリー線・・牛田駅(北千住から1駅)

CIMG1235.jpg

京成電鉄 京成関屋駅 鉄道会社が違うので同じ場所にあるけど駅名は違う

CIMG1236.jpg

京成の駅だが諸方面に色んな線が交錯している・・・何度来てもよく分からない

CIMG1240.jpg

立石駅前・・・立石駅は青砥と押上を走る京成電鉄押上線で青砥駅から一つ目の駅
この店は12時から開店らしく凄い人だかりだ・・・多分、テレビの番組に出た店だろう・・・テレビで見ると必ず行く人がいいる、大概グループで来るので一気に人が増える。

友人が参加している蕎麦打ち会で年に何回か飲み会をやる、俺は蕎麦打ちはやらないので飲み会のみ参加する。

CIMG1244.jpg

この店はお蕎麦屋さんでもあるが蕎麦打ち道場でもある・・・外から見ると普通の店だが中に入ると凄い


旧会社のOBが集まって葛飾区の立石で蕎麦打ちの研究会をやっている。俺も再三誘われてはいるがこれ以上趣味が広がっては懐に響くのでやんわり辞退している。
その会が「通称、蕎麦飲み会」と称して年に何回か飲み会をやる、これには参加させて頂いているが会場にしている所が立石の蕎麦道場で家からは時間的にはそれほど遠くはないが乗り換えが多い。

4回乗り換えた、先ずは武蔵野線に東川口駅から1駅乗って南越谷駅で乗り換える。
そこから東武スカイツリー線(伊勢崎線と言ってた)新越谷駅(ここでも名前が違う)で急行に乗って北千住駅まで行きホームの反対側から浅草行の普通電車に乗り換えて1駅牛田駅まで行く。

牛田駅の南側に別の電車の駅がある、京成電鉄の京成関屋駅だ。
そこから普通電車に乗って3駅で青砥駅に出る、青砥から乗ったのは何と京浜急行だった。
JRもそうだが私鉄間の乗り合いも凄い、色んな線が錯綜してその線も急行だったり普通だったりで間違えるととんでもない方向に行ってしまったり、降りる駅を通り過ぎたりする。

青砥から1駅(この区間は押上まで京成電鉄)で立石駅に着く1駅区間を3回繰り返す。
殆ど乗ったら下りるの繰り返しだった、こういう経験は少ないが飽きなくて良い。

昼からの飲み会なので酒が回るのが早く、さすがに寄る年波でもうあんまり飲めない。
帰りに入社同期のI君と二人で立石のドトールで駄弁ってから帰る。
古い商店街側にはコーヒーショップが無くて向こう側に行ったらあるんじゃないかと踏切をこえて行ったらあった。

俺が住んでいる東川口駅周辺にはコーヒーショップチェーンが一軒も無い、なんでだろう・・・・・・

早くも暑気払い

CIMG0202.jpg

東川口駅前埼玉りそな銀行の建物の2階にある大衆飲み屋チェーンの「笑笑東川口店」

釣りの回顧日誌も今日は小休止です。



梅雨明け宣言があったような無かったような天気が非常に不安定ですが、まだまだ本格的な夏にはなっていません。
ですが早速もう暑気ばらいと決め込みました、場所はいつもの「笑笑」です。

2か月に一度(奇数月)に盛人大学で学んだ仲間の内東川口近辺に住んでいるOBが集まり一杯飲みをしています。
一昨年4人で始めた会も(その名も三水会)口コミでだんだん増えてきて今回の参加者は13人にもなりました。

6時から始めて9時まで、13人もいると殆ど宴会ムードです。てんでんバラバラに話が飛びますがそれなりに皆さん満足されたようです。
仲間の一人が来月から奥さんの実家の親御さんの面倒をみるために山形にしばらく行ってしまうということでチョッピリ寂しいですが、長寿の親御さんがいらっしゃって羨ましいことです。

我々の年代の親は90歳を過ぎているので彼はそれなりに大変だと思います。
「山形行ったら何すんの」なんて言ったら「そうなんだよね、何もすることがないんだよな」と答えが返ってきました。
でも、かれは人格者なので直ぐに周りに人が集まることでしょう。

行かれるところは偶然にも実は俺が疎開したところなのです、「もしかしたら遊びに行くかもね」何て適当なことを言って別れました。

さて今年は何回「暑気払い」をするのかな。

表参道「キリン一番搾りガーデン」

CIMG0024.jpg

地下鉄表参道駅B1出口側・・・突如「キリン一番搾りのビアバーデン」が表れた

CIMG0023.jpg

CIMG0026.jpg

青山の246号沿いの空き地に期間限定のビヤホールが登場した

CIMG0029.jpg

CIMG0027.jpg

時間が早かったか場所柄か圧倒的に若い層のお客が多かった。

CIMG0031.jpg

あっという間に日が落ちて俄然ガーデンは賑わってきた


午前中、日大病院で脳内の血管の検査(MRI)をやった・・・脳神経外科にかかってるので予防のための検査を行う。
親父が脳梗塞で亡くなってるので遺伝を警戒して3年前に検査してもらったら一部細い部分があるらしく毎年検査をしている。

午後は時間が空いたので手術前までいたNPO(水天宮)に顔を出して理事長と駄弁る。
NPOの本業は介護福祉用具だが商才がある理事長は色々知恵を巡らして新しい事業を考える、聞いているだけでも楽しい。

帰りにはまだ早かったので地下鉄半蔵門線で永田町で下りるところ、下りないでそのまま渋谷駅まで行った。
渋谷駅構内が大分変ったとのことなので前から興味があった。
渋谷駅は苦手な駅で以前から構内の位置づけが良くわからない。
JR・地下鉄・私鉄の複数の線が錯綜していて無理に同じ建物に取り込まれるように一体化しているため余計分からなくしている。

半蔵門線を下りて建物の中を少し歩く(方向が取れていない)、帰りはどうしようかなと思いながら地上に出てみた。
そこは宮益坂の交差点の側だった。
お腹が空いたのでうどん屋を探しに坂を上っていった(結果、松屋のミニ牛丼)。

コーヒーでも飲むかと引き続き坂を上る。
にわかに学生らしき大勢の集団が向かって歩いてきた、青山学院みたいだ。
女子学生の数が圧倒的に多く男子学生はぱらぱらだった、実際の比率はそうでも無いのだろうが昔から女性の方が圧倒的に出席率が高い。

午前中、雨が強く降ったがそれも止んで散歩には快適だった、ついでに少し歩こうと思い青山通り(国道246)をぶらぶらした。
青山通りは地下鉄半蔵門線が下に走っていると思い適当な駅まで歩いてみようと思った。
そしたら表参道駅の手前に写真のキリン一番搾りビアガーデンがあったのだ。

ビルの谷間のいずれは大きなビルが建つであろう空間にセンスの良いビアガーデンが期間限定で登場したのだ。
思わず覗いてみたくなる雰囲気で、開店は4時かららしくもう大勢の若者がたむろしていた。

このような空間を臨時に何ヶ月間か活用するアイデアは素晴らしい、世の中広いので才能ある人は大勢いるんだ。
ただ、考えていても実際にやってみなければ結果が出ない。
今月から始まって9月?までやるらしい、機会があれば何人かでまた来たいと思った。

喜寿に近づく仲間

昨日、5時から新宿エルタワーの「ライオン新宿西口店」で旧会社の仲間7人が集まった。

特に何で集まるとは決まってなかったが、強いていえばF氏の「定年後の仕事を15年やり終えたご苦労さん会」K氏の「ホールインワン記念」だったが、たまたま偶然にもF氏の誕生日でもあった。

天気が良ければ新宿御苑にでもと思っていたが生憎の曇り空で無しになって直接「ライオン」に集合。
5時集合だったが5分前に行ったら既にもう5人来ていた、みんな暇なんだよ。

昭和39年入社の面々だがご苦労して大学に入った者もいて年齢は多少違う。
カメ爺はこの仲間では最年少で現役早生まれ(3月)なので一番後輩にあたる(それなのに態度がでかいと言われている)。

最近特に彼らが強調しているのは「俺はもう喜寿になったぞ」とのたまう。
カメ爺「すげえもう喜寿なんだ」と驚いて改めて敬意を表する(格好だけ)。

ところで、還暦・古希は自分も経由してきたので分かるが巷に言われている「喜寿」とは
調べてみてびっくり、実はこのお祝いの言葉は日本生まれなのだ、大体中国からの由来が多いがこの「喜寿」はジャパニーズなのだ。

「喜」の草書体が七と十七の組み合わせで出来ていることから由来されたのだそうだ(江戸時代)。
それで数え歳で77歳(満76歳)で行うとなっている。

この数え年なるもは今の若者に分かるか(若者どころか50歳以下ぐらいも)、不明だろう。
数え年はこの世に生を受けた瞬間もう1歳と数えるのだ(何月に生まれても)、そして次の元旦を過ぎると1歳年を取るのだ。

だから「喜寿」は満年齢では76歳なのだ・・・・・数え77歳になる正月からもう「喜寿」になってしまうのである。

そうすると俺は後○年と○○か月か・・・・・凄く近づいてきたな・・・・・・・

「ライオン」に3時間近くいて、老体の皆さんはいささか酩酊の様子、秋の旅行会の話やら、ホールインワンの話に花が咲きあっという間に時間が過ぎた。

帰り「思い出横丁」でラーメン食って帰ろうと3人が他の連中と別れて繰り込む・・・この新宿西口の飲み屋街は当時俺たちが勤務する本社が西口にあったのでそれこそ毎日のように行ったものだ。
今は外国人に有名になり多国籍飲み屋街に変わってしまった。

ラーメン屋で今日誕生日の既に喜寿になったF君が気持ち良かったのか眠ってしまい、ラーメンの丼ぶりに頭が入りそうだった。
ようやく起こして正気になってからJR新宿駅まで介添えをしながら行く、こんな光景はいつの時代でも変わらない。

落ち・・・奴は立川で降りるところを八王子まで行ってしまったと報告があった・・・・・大月行きじゃなくて良かったなと¨カメ爺¨・・・・・・・

RIMG7990.jpg

桜に負けず頑張ってます

プロフィール

カメ爺さん

Author:カメ爺さん
FC2ブログへようこそ!
 サラリーマン歴38年(北は仙台、西は福岡、転勤13回)いろいろあった会社生活だった。
(企業戦士というシーラカンス)
 定年後は8年間後輩の会社の手伝い、現役時代の暴飲暴食がたたり狭心症になる、カテーテル4回後ついにバイパス手術する、
退院後突如、毎日が日曜日になってしまった。
川口のマンションで妻と二人生活、
子供3人孫3人。
趣味は船釣り・ゴルフ・読書(池波正太郎・藤沢周平)喫茶店巡り・散歩

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR