開港ものがたり(横浜市営定期観光バス午後コース)

38年間勤務した会社の同期入社の面々が1年に一回旅行しています、遠方は徳島県から来たのもいます、関西からも参加してくれました。
カメ爺が大学現役卒3月生まれで最年少です、後期高齢者が半数を占めている老人旅行団です。
年々体がしぼんできてますが皆さんすこぶる元気です。今年もみんなに健康で会えて良かった (^_^)v

007_20151105212536fb2.jpg

4日・5日と旧会社の同期の一泊旅行です、ここは横浜市営定期観光バスの最初の見学地「三渓園」です。案内のガイドの説明をメモ?しているのは仲間の一人です。

010_20151105213026e00.jpg

園内では菊の展示会が華やかにもよう催うされてました、しゃがんでまで見とれているのは仲間の一人です。

011_201511052133248de.jpg

凄い自慢の力作ばかりです

038_2015110521345780c.jpg

見学二箇所目の横浜マリンタワー

034_2015110521363904d.jpg

90メートル上空から港を眺められます、この三人も仲間です

026_20151105213845898.jpg

マリンタワーの一階に山下清画伯の作品がありました

046_20151105214255d3a.jpg

三箇所目は赤レンガ倉庫です、次の日も行く予定に入っている。
日の入りが早くなった、赤レンガ側からみなと未来の観覧車を写す。

053_20151105214041cc0.jpg

夜は中華街「同發別館」での食事会です、市営観光バスのオプションでしたが量も沢山あり爺さん達11人は大いに食べ飲みまくりました。

060_20151105214848273.jpg

同發飯店(広東料理)は重慶飯店と並んで大きな中華レストランです、本店・新館とありました。

066_20151105215209838.jpg

宿泊は「ローズホテル横浜」です、玄関の狛犬?ライオンか?

082.jpg

5日(二日目)です。山下港「氷川丸」係留の鎖にカモメが群がってました

088.jpg

山下公園は以前くらべると整備され綺麗になりました

094.jpg

水上バスで横浜東口港に行きます

100.jpg

晴天なので「横浜ベイブリッジ」も非常にくっきりと見えます、前日バスでこの上を通りました

116.jpg

旅行はやはり晴天が一番で、みなと未来方面です

118.jpg

昼食は横浜そごう10階のイタリアンレストラン「イルピノーロ スカイテラス」と洒落てみました、上は前菜です
下はオードブルです

127.jpg





スポンサーサイト

久しぶりの横浜

11月に旧会社の同期会の一泊旅行のための下見に横浜に行った。

横浜には数多く行っているが電車で行ったことは一度も無い、その為横浜駅周辺の土地勘が全く無く下見と言えども非常に新鮮であった。

以前ならこういう近郊の旅行は車を出し合って行っていたが俺が一番若いぐらいの爺さんばかりの御一行なのでもう危ないことは避けようと公共機関にした。

まずは集合場所だ、年配者ばかりなので誰もが分かる集合場所でなくてはならない。

001_20150904214210cdf.jpg

みどりの窓口前のガス灯(赤いくつ)・・・横浜駅中央改札口、この場所の直ぐ横に崎陽軒の売り場がある、
ちなみにネットで待ち合わせ場所どこが良いかを見たらここの場所を指摘した投稿者は一人もいなかった。


028_201509042220206c9.jpg

お手軽水上バス・・・湾内クルーズを省略する時はこの手もある・・・横浜駅東口から近くに乗り場がある、今日はピア赤レンガのりりばで一旦下りてから又乗って山下公園のりば(終点)まで乗ってみた。
天気もよくベイブリッジも良く見えて十分クルージングの替わりにはなるなと思った。

010_201509042316430a8.jpg


025_20150904223420545.jpg

浮き桟橋の待合室から写した、汽船に乗っているようだ



一泊二日だが遠方(四国や仙台)から来る人もいるので午後1時に集合するのがやっとだろう。
2時からの市内観光バスに乗ればいろいろ名所も回れる。
オプションの中華飯店の夕食を決めればこの日はOKだろう。

問題はどこの宿舎(ホテル)にするかだ、中華街の近くにするか山下公園の近くにするかだがこれから決めなくてはならない。


031_20150904223616f59.jpg

032_20150904223739fcf.jpg

上の写真の二つのホテルは山下公園前

054.jpg

一応、本命の中華街入り口にあるローズホテル・・・フロントでパンフレットもらった、立派すぎて何だか高そうだ

053_201509042243121a2.jpg

同ホテルのロビーに飾ってあった


039_201509042245096ef.jpg

二日目の午前中に見物予定した「港の見える丘公園」や「外国人墓地」はすっかり眺望が変わってしまって見る影もなくなってしまっていた。
特に「外国人墓地」は酷かった、中にも入れないし雑草は生え放題、雑木も鬱蒼と茂り放題だった。

二日目は湾内クルージングが正解かもしれない(予算が厳しいかな?)。



058_201509042254391cf.jpg

059_20150904225517720.jpg

上の2枚の写真は二日目の昼食場所を探しに「横浜そごう」の10階のレストラン街に行った時写した。
レストラン街の連絡通路です、なかなか凝ってますね。


18年ぶりに行った横浜は初めて行ったように新鮮でした、東京駅から30分もかからないで行けるのに以外に知っているようで知らない街だった。




宇治の平等院

平等院2

10月に旧会社の入社同期生で関西旅行することになった。

当初は京都見物だったが関西の幹事殿が京都より奈良が良いだろうの一言で決定。

関西はまったく不案内で京都と大阪・奈良と大阪・京都と奈良がどの位の距離感か感じがつかめないので幹事にすべて任せることにした。

メインは宇治の平等院だそうで、俺は高校の修学旅行で行ったきりなので改装?なった世界遺産の平等院は是非行ってみたいところだ。

集合の場所と時間を決めてもらえばそれで良いのだが、日程を決めるのに意外と手間取った。

高齢になると(全員70歳を超えている)毎日がほとんど暇なのだがそれが10数人になるといろいろ出てくる。

町や村?の役をやらされてたり団体の代表だったりして代わりの利かない役どころを持っているのが多く秋や春はその行事が集中している。

80歳を過ぎれば役も離れるだろうが70の中頃まではこの高齢化社会では働き盛りなのだ。

今回ももっと前に日程だけを決めてくれてれば良かったのだが関西幹事に任せたので口出しは出来なかった。

やはり、心配したことが的中し二人が日帰りになってしまった。

一人は団体の代表でバスで出かけるとのこともう一人はお寺の檀家役員で行事が重なったとのこと。

それでもまだ用事があることは良いことで、早かれ遅かれもう直ぐお呼びではなくなってくるので地域の皆さんのお役に立てる間は頑張って活躍してもらいたい。

あと、2ヶ月に迫ってきたが年を取ってくるとそんなことも楽しみになる(小学生に返るようだ)。

佐倉城址跡

中学校時代の同級生と日帰り小旅行。
佐倉市在住のD氏を訪ねて、佐倉市内を見物。

RIMG0133.jpg
京成佐倉駅前の観光地図・・・・・カメラを落とした時にどこか故障したようだ、ピントが合わなくなった

東川口駅から武蔵野線で西船橋駅、総武線に乗り換えて船橋駅で旧友A君と落ち合う。
京成船橋駅から京成線で特急4っつ目の京成佐倉駅まで行く。

駅までD君が迎えに来てくれた、何年か振りにあう旧友だ。20年住んでいる彼は一生懸命佐倉市の宣伝をこれ努める。
一押しは国立歴史民族博物館だそうで、お勧めの言葉に一段と力が入る。

RIMG0121.jpg

館内見学は3時間はかかると言っていた。おれは「直ぐ飽きちゃうから45分ぐらいでいいよ」なんて言ったが
せっかく来たのだからと強いお勧めで1時間15分にする。
11時45分から13時まで館内を見学。

RIMG0123_20140304210436f74.jpg

館内は撮影OKだがフラッシュ禁止、カメラの調子も気まぐれでかなり写したがほとんどよく写らなかった

いざ見学するとD君のお勧めが大げさではなくそれは見学する価値が十分にあり、とっても見切れなくてあっと言う間に1時になってしまった。(もう一度来たいがどうかな・・・)
昼食は館内のレストランで「古代ハヤシライス」を頼む、赤飯のような色したご飯がついて出てきた。

RIMG0114.jpg

ここの城跡は素晴らしい、お城は焼失して建物は無いが空掘りとか当時のまま残っており樹木も太くいかにも譜代大名の統治していた面影が残っていて重厚な感じがした。
転勤でいろんな城跡を見てきたがここはあまり観光化していなくて一見の価値がある所だった。

RIMG0132_20140304211832dcc.jpg

徳川幕府の老中を何人も輩出している名門譜代大名の堀田家の旧宅

庭の方に行ってみたら大名の末裔がが住んでいた面影が各所にあり(時代劇の撮影にも使われているとのこと)
広々とした芝生の庭に手入れが行き届いた松の木がありゆったりとした空間があった。
家の中の見学も出来たが案内役の地元D君がもういいだろうと切り上げされてしまった(ちょっと残念!)。
彼はもう何10回も来ているので当然だ。

この後ジャイアンツの長嶋の出身校である佐倉高校の前を通ってD君の家にお呼ばれする。
奥さんも加わって談笑、男3人の共通点である心臓病の体験談で変に盛り上がる(年寄りの病気自慢?)。


D君の家でお団子や和菓子をご馳走になって恐縮して家を辞する。帰りも京成佐倉駅まで送ってもらう。
また何時会えるか分からないのでお互いに「元気でな」と言って分かれた。
この年になると昔の友人と会った後は次に会えるかな何て思ってしまう。
特にD君は舌ガン・心筋梗塞を経験した病気のデパートみたいな奴なので尚更そう思うのかもしれない(長生きしろよ・・・人のこと言えないけど)。

RIMG0134_201403042136522c3.jpg

同行のA君と乗換駅の船橋でチョコッと一杯やる、団子食った後なのであまり飲めなかったが小一時間駄弁る。
彼は冬だけ東京に住んで通常は鳥取に住んでいる、来週帰るらしい。
中国山脈の麓?で奥さんと畑や果樹を楽しんでいる、俺がやりたいことをやっていて羨ましいかぎりだ。
「次は中学の同窓会やってくれよ」何て言われて西船橋駅で別れる、お互いに今年の農作物の収穫を成功すべく健闘を誓う・・・(^0_0^)

気まぐれカメラは早急に直さなければ・・・・・







残念でした!!

RIMG2955.jpg
日頃の行いが悪い奴がいるのか、楽しみにしていた旅行会(15・16日)が台風のお陰でパーになってしまった。

 旧会社のS39年同期入社の仲間で今もってしつっこく旅行を楽しんでいますが、今年は千葉県内房の民宿で美味しい魚を食べようと企画していました。

北は宮城県、西は兵庫県(四国は今回は不参加だった)から集まる予定だったが台風26号が直撃するとの予報で断念せざるをえなくなった。
 パソコンの台風情報と朝からニラメッコ(見てたって変わる訳はないが)、ギリギリ(午後5時の情報)までねばっていたが関西の連中からギブアップ宣言が出てやもうえず取り止めにした。
長いこと旅行会をしていたが悪天候で中止は初めて、予備日も作っていなかったので今年は再度企画出来るか気力が湧かない。
仙台の仲間はガックリしていた、年取ると昔の友人と会うのを楽しみにしているのだ(地方に住んでると尚更らしい)。
 
幹事のカメ爺は民宿の手配や集合時間(東京駅集合だった)、乗車する列車の時刻、次の日の昼食のレストランの検索やらいろいろやったのが全てがパーになり力が抜けてしまった。
今日だけでも30回以上は電話・メールをした、言葉が足りないと間違って理解されるので細かに連絡を繰り返した。

 民宿の女将さんは凄く感じの良い人で、急な中止にも気持ちよく応対してくれた、機会を作って絶対行かなければ申し訳ないと思うような気持ちになった、大事なことだ!!
プロフィール

カメ爺さん

Author:カメ爺さん
FC2ブログへようこそ!
 サラリーマン歴38年(北は仙台、西は福岡、転勤13回)いろいろあった会社生活だった。
(企業戦士というシーラカンス)
 定年後は8年間後輩の会社の手伝い、現役時代の暴飲暴食がたたり狭心症になる、カテーテル4回後ついにバイパス手術する、
退院後突如、毎日が日曜日になってしまった。
川口のマンションで妻と二人生活、
子供3人孫3人。
趣味は船釣り・ゴルフ・読書(池波正太郎・藤沢周平)喫茶店巡り・散歩

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR