やりすぎ

CIMG3836 (1)

寒波の到来と同時進行で風邪を引いてしまった、この何年間かあまり風邪には縁が無かったが多分今年に入ってやたら忙しかったのでその付けがき来たのかも。
おまけに27日に駅に行くとき油断してアイスバーンを自転車で走ってしまいカーブで見事転倒してしまった。
東北に8年間居て雪の怖さを知り尽くしてるのだが、歳のせいか風邪で集中力が無くなっていたのか何で自転車に乗ったのか未だに疑問が残る。

風邪もようやく直りつつあり打ち身の痛みも薄らいだので、塩漬けしてあった豚のバラ肉を燻製させるべく長屋門の作業所に行った。
3週目の週(週末に燻製の会)はそれこそ毎日作業場にお邪魔していたが風邪を引いたのですっかりご無沙汰していた。
厚川宅の作業場は南向きでとっても暖かく冬を感じさせない素晴らしい環境だ、2時間半さくらチップを使いピートやザラメ糖も燻して懸命の作業をして見事艶のあるベーコンを作った。
ところがだ、3切れにブロックした内の二つを味見もしないで分けて差し上げたが試しに残りの1片を切って食べてみたら「滅茶苦茶しょっぱい」のだ。
塩と胡椒をガッチリ擦り込んだは良いが塩抜きの時間が足りなかったのだ・・完全に失敗です・・俺の悪い癖で折角この前上手く行ったのにそれを上回る様にしようとして冷蔵庫に長く保存し過ぎたのだ。
風邪のせいで家から出れなかったこともあるが塩抜きはしっかりしないと・・・やり過ぎ・・・過ぎたるは猶及ばざるが如し・・・とは良く言ったものだ。

これでもかの精神は昔からだ、反省だけは・・・・では駄目なのだが、性癖と言うかこんなことはあってはならないのだが。
多分、全ての行動にやり過ぎ感があったのではないか・・・凝り性とやり過ぎの境目は・・・分かっているのに止められない・・・スーダラ人生そのものだ・・・・・・・
スポンサーサイト

鴨肉の燻製成功

CIMG3863.jpg

鴨肉(カルガモだった)の燻製をスライスしてます、よだれが出そうだ

20日(日)待望の長屋門燻製作りの会(さくらチップの会)の例会日だった。
事前に準備出来たのは1、鴨肉 2.豚のバラ肉(ベーコン用)3.サーモン 4.サバの干物だった。
自分に出来る努力はしてみた、1~3までが俺で4は経験豊富なY氏がやってくれた。

何せ作ったは良いが全く試食もしてなくてどんな味になってるのやらと思っていたが燻煙をかけてから寝かせた日数が結構あったので良い感じに燻製が完成した。

CIMG3861.jpg

燻製作りはベテランのY氏煮卵の表面の水分を丁寧に拭いてくれている・・・このあたりに年期を感じる

CIMG3862.jpg


チーズは大型の燻煙器を使ってじっくりと低温で燻す、下の段はたくあんで秋田のいぶりがっこに挑戦だ

当日はたくあん・粗挽きソーセージ・カニカマ・煮卵・チーズ2種類とアーモンドを燻煙した。
参加者が今回も10人を大きく超え14人(インフルで欠場された方も何人かいたが)もの方々が来てくれた。

代表世話人の厚川薬局長の挨拶、お父さんの乾杯の音頭で今回も大成功で大盛り上がりだった。

CIMG3865.jpg

さくらチップの会=飲み会です・・・自家製手ずくリの燻製をつまんで飲む酒は最高で~す。

鴨肉

CIMG3833.jpg

CIMG3837_20180115214448d18.jpg

燻製を作る会の仲間から今回は鴨をいただきました(前回は鹿肉)。
鹿肉の時は野生の鹿だったのでくせがあると思いジャーキーにしましたが、どうも今回も合鴨ではなく真鴨のような気がしてソミュール液に漬けて燻煙をかけるだけでは心もとないので2晩漬け込んでからジプロック(ビニール袋)に入れて40分ボイルした。
そして少し乾かしてから念入りにもう一度今度はワインと香辛料を入れたジプロックをもう一晩冷蔵庫に入れた。
今日の午前中取り出して干物を作る時に使うネットで乾燥させたあと中型の燻煙箱でスモークウッドを使い燻煙(約60分)した。

いじりすぎて(ボイルしたので)脂分がかなり減って、受け取った時に比べ大分少量になってしまった。
夕方から明日の朝にかけて軒下につるして寒風で仕上げだ。
前回、鶏のムネ肉では蒸し器でボイルしたので脂分がすっかりなくなってしまいパサパサになったが今回は果たしてどうなるやら明日のお楽しみだ。
ワインを多くしたのと醤油・味醂で味付けした2種類を作ったが鹿肉の時のように上手くいけば良いと願うばかりだ。

金賞の牛乳を使ったカフェオレ

CIMG3821.jpg

2017年金賞・・・那須・南ヶ丘牧場の牛乳

長屋門珈琲愛好会例会、今年の第一回です。
いつもは月の第一月曜日が例会日ですが、今年は会長のお嬢さんが成人式だったので一日遅らせて火曜日にした。
世話人の一人コーヒーの粉を挽いたり色々やってくれる相棒が火曜日はボーリングの例会日だそうで、この日は俺は一人二役をやった。
通常は司会に専念できるのだが忙しくててんてこ舞いした。
ドリップする時のお湯も同じ所にあるのでそれも手伝ってたらポットの蓋が外れてお湯を床にこぼしたりと大変だった。

今回のカフェオレ作りは20人の参加者を4組に分けて、カセットコンロとミルクパンをそれぞれ各チームに配る。
先ずはコーヒーをドリップ、次に牛乳を沸かして(約70度弱・ここが肝)1対1の割合でカップに注ぐ。
皆さん凄く上手でした、沸かし過ぎると脂肪の膜が出来てしまうので牛乳がミルクパンの淵からポツポツと泡が出てくるのを見計らってそこで火から離すのですが、俺の前のチームは絶妙なタイミングでそれを成し遂げてました。

皆さん一斉に「おいしい~!!」と歓声が上がって、めでたしめでたしでした。
カフェオレに使うコーヒーの粉は深煎り(フレンチロースト)・やや細挽きにしてもらったのでコーヒーそのものは凄く濃いが牛乳が入るとそれが絶妙な味に変わるのだ。
砂糖を入れなくても甘い感じがする、誰も砂糖が欲しいと言ってこなかった。

CIMG3815.jpg

カフェオレの後は通常のコーヒーを淹れて飲んだが、参加者の一人M氏がインドネシアから独立したティモールから取り寄せたコーヒー豆を使って淹れてみた。
インドネシアはマンデリンや優秀な豆が生産されるコーヒーの栽培に適した土地のようだ。

7~8人から始まった長屋門珈琲愛好会だが、毎回参加者が増え今やさすがのもっこう館(サロン・ミーティングルーム)ももう限界だ。
それでも皆さんの楽しい様子を見て、地域貢献を目的としたイベント作りを始めた厚川薬局長の主旨に少しでも役に立てて良かったと思った。

CIMG3819.jpg

会長(薬局長)の新年のご挨拶・・・段々、貫禄が出てきました

さて、今年もお花見やらオープンガーデンカフェで楽しい長屋門珈琲愛好会にしたいものだ。


第2回目 長屋門燻製の会(さくらチップの会)

CIMG3691.jpg

燻煙箱が出来てから初の会合です、箱を大小作りましたが箱が大きすぎて熱燻(温度を高くする)には難しく、これからは冷燻を作る時に使うようになるだろう、それでも今回は肉類に使った。

俺は以前、海釣りに行って釣れ過ぎた時に干物や燻製作りを良くやっていたが、それももう10数年前のことで記憶はあまりない。今思うとその時の燻製は熱燻で一旦魚を干してから煙をかけて直ぐに食べていたが、煙をかけてから少し時間をかけてた方が美味しいと分かった。

今回、突如仲間の一人が鹿のもも肉のブロックを持ってきた(19日(火))。
23日の燻製の会に間に合わせるためにどうしようかなと思って、図書館で鹿の燻製作りがでている本を借りて来た。
その本に出てることを基に出来るかどうか分からないが見様見真似で挑戦してみた。

CIMG3697.jpg

紙の皿の中の黒っぽい肉の塊が鹿のジャーキーです、左に小さく切ったのもそうで噛むと独特の美味しさで皆さんの評判も上々で何日もかけて作った甲斐がありました。
鹿肉に塩・黒胡椒・砂糖を摺り込んでジプロック入れて冷蔵庫で寝かすのだが思い付きでウイスキーも入れてみた。
そのウイスキーの銘柄が「ホウイトホース」だったので仲間の人が馬と鹿の組み合わせだなと笑っていた。

「さくらチップの会」も早くも2回目です、今回の主目的は試行錯誤しながら作ってもらった燻煙箱の試運転です。
食材は欲張って、かまぼこ・シシャモ・豆腐・塩卵・ジャガイモ・ベーコン(市販と急ごしらえ)・トマト・クッキーそれと当初計画になかった鶏のムネ肉をやることになった。

会の始まる少し前に仲間の方がサーモンの切り身を持ってきてくれた、ナッツ類も別の方が持参してくれたので同じ鍋型の燻製器具で急遽つくることにしました。

始まってから「長屋門もっこう館」で今日の練習用の「かまぼこ」に塩を振って水出し作業をしていたら、後から来た人が「何か鍋の中身が燃えてるよ」と知らせてくれた。
何と・何とサーモンとナッツが燃えてしまったのです、サーモンを熱したとき出る油が鍋の下に溜まってそれで燃えたようです。
失敗も愛嬌だとはいえ持ってきてもらったお二方には大変申し訳なく何べんも謝りました(所詮、初心者です・・許されよ)。

かまぼことシシャモ・クッキーを燻煙箱に入れて(スモークウッドを使う)煙をかけている時間に反省会(飲み会)で盛り上がる。
ビールから始まり日本酒・ワインなど何が食材にマッチするか?試す?・・・圧巻はホットワインをF氏(鮎釣り名人)が披露してくれた(美味しくて、胃袋にキューっと染み渡った・・・寒い時には最高です)。
おかげで16人が集まり、またまた楽しい交友の場が又出来た、会場を提供してくれている厚川家には大感謝です。
こんな爺さん達のお遊びが厚川氏の「地域に根ざす活動」の一環になれば幸いです、参加してくれた皆さんにも感謝です。

プロフィール

カメ爺さん

Author:カメ爺さん
FC2ブログへようこそ!
 サラリーマン歴38年(北は仙台、西は福岡、転勤13回)いろいろあった会社生活だった。
(企業戦士というシーラカンス)
 定年後は8年間後輩の会社の手伝い、現役時代の暴飲暴食がたたり狭心症になる、カテーテル4回後ついにバイパス手術する、
退院後突如、毎日が日曜日になってしまった。
川口のマンションで妻と二人生活、
子供3人孫3人。
趣味は船釣り・ゴルフ・読書(池波正太郎・藤沢周平)喫茶店巡り・散歩

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR