地域貢献

CIMG4796.jpg

今月の長屋門珈琲愛好会例会はお休みで、今まで手伝ってもらった盛人大学の仲間だけのコーヒーの会にしました。
例会の参加者(地域の方々)が多くなり呼び水として協力してくれていた仲間の参加が難しくなってきたので一旦小休止をすることになった。

長屋門珈琲愛好会も前月で16回になったようで仲間の協力があっての事と感謝するばかりです。
ささやかながら仲間で会食兼アイスカフェオレ作りをやりました。
今日の日差しはきつくアイスカフェオレはぴったりでした。

いつもは4~5人一組ですが今日は二人一組での作業、皆さん大分慣れて来て二層もバッチリです。
東川口のパン屋さんで一番美味しいと言われている「デイジイ」のパンで昼食です、全員三水会の仲間でもあるので話が弾みました。

長屋門珈琲愛好会も参加者が常時20人を数えるようになり流石の長屋門もっこう館(サロン)も定員オーバーです(嬉しい悲鳴だ)。
地域貢献の協力を目標にやってきましたが、ここでは地域包括支援センターの体操の会等々色んな会をやるようになりその目的を十分に果たし始めたようで嬉しい限りです。

我々も多少なりとも貢献できたかなと勝手に思って楽しく語らい散会しました。


CIMG4758.jpg

近くの綾瀬川土手のコスモスが満開です・・・コスモスって秋じゃなかったかな
スポンサーサイト

第5回 さくらチップの会

CIMG4668.jpg

長屋門燻製作りの会(さくらチップの会)は隔月でやってますが12日は参加者17人が集まってくれました。
10日に材料の大部分を処理して燻煙をしておいたのでこの日は当日煙をかけるのだけ(蒲鉾・ちくわ・チーズ)だった。
4月1日のお花見会の時出された「鶏胸肉のハム」(仲間のY氏)の作り方のレクチャーをご本人にお願いしました。
殆んどは奥様が処理してご主人が燻製にするという共同作業で難しい作業を簡単に出来るように優しく解説してくれました。

CIMG4673_20180513132253db7.jpg

CIMG4665 (1)

仲間の一人が缶を使ってお手製の燻煙器を作りました、中々の優れものでこの日はチーズの燻製を作ってくれました

作業のほとんどは10日にやってしまってあったので作業後は恒例の試食会(飲み会?)です。

CIMG4670.jpg

前に鹿肉を差し入れてくれたY・Yさんが何と「久保田の萬壽」を持参してくれました、銘柄酒がもてはやされた当時の王様の酒です、日本酒が苦手の俺もまたまた飲んでしまいました(う~ん・・・)。

朝方寒かった天気も回復し今日も楽しい一日をゆかいな仲間たちと過ごすことが出来ました、健康に乾杯だ・・・・・

コーヒー豆のブレンド

CIMG4647.jpg

長屋門珈琲愛好会では今までコーヒー豆はストレートのみで淹れてきたが今回はブレンドに挑戦しました。

仲間のA夫人がネパールに旅行したと言ってお土産に現地産の豆(エベレスト?)を持ってきてくれました。
今回の練習予定は最初からブレンドと決めてたのでこのネパール産を基準にした。
割と癖が無い飲みやすい豆だったので相方にインドネシア産のマンデリンを使ってみました。
最初にネパール豆で淹れてその味覚を確認、次にマンデリンを淹れた。
ハッキリとした違いを皆さん(今日は20人)に確認してもらってから次にネパール+マンデリンのブレンドを淹れてみた。

ご意見はそれぞれでしたが街のコーヒー屋さんとも違った飲み比べで楽しみました。
通常はブラジル豆ベースが多く安定したブレンドですが、こんな組み合わせも有りかなと思いました。

ラストは「エチオピア モカ イルガチェフェ」 のストートを淹れる、流石にもうコーヒーはいいよぐらい飲んだ。
モカは矢張り皆さんに喜んでもらえたが、多分しばらくはコーヒーはチョッとねの感じだった。

昨日まではゴールデンウイークで天気も快晴が続いたが連休が終わったら雨模様に変わった、奄美地方は4日早く梅雨入りしたそうだ。
気候の良い季節の日々の移ろいは早い、楽しまなくっちゃ!!

CIMG4635.jpg

CIMG4641.jpg

CIMG4643.jpg


長屋門の中庭には数種類のギボウシが見事に葉を広げていました

越谷市旧中村家

CIMG4589.jpg

「たのもお~・・・」 なんて言いそうになる旧家の長屋門・・・越谷市所有の保存民家(旧中村家)

今日は近所の長屋門の主、厚川薬局長とゴルフの練習に越谷ゴルフリンクス練習場に行く。
連休後半初日さぞかし込んでいると思ったがいつもと同じぐらいだった、体ならし程度に練習をする。
何故か身体の節々が痛くイマイチ調子が出なかった、今月は来週から4週連続でコースに出る、練習で疲れたらしょうがない。

練習が終わってから駐車場の後ろにある越谷市が管理する長屋門のある旧中村家を長屋門を持っている厚川氏と探訪。
こちらは明治初期に作られたという旧家だ、記念館として保存されていて係り員も教育委員会の方がいて案内も解説付きでしてくれた(100円です)。

CIMG4595.jpg

長屋門の裏側、左が千葉県の鋸山の石で作られた石蔵です(こちらは昭和初期)

CIMG4596.jpg

昔の民家は部屋の小窓にも凝っていた(俺の家にも有った様な気がした・・・もう今は無い)


昨日は町内会のからおけクラブに顔を出したりすっかり地元志向になってきた、皆さん親切で良い人ばかりだ。

CIMG4586 (1)

全て大元は厚川氏から発信している、彼との出会いがあって急速に地元志向になった。
年寄りを大事にしてくれて感謝に堪えない、来週は珈琲愛好会とさくらチップの会(燻製)がある。
カラオケは毎週水曜日にやるらしい、酔っとスクール(日本酒の飲み会)は後半の土曜日。
6日には酔っとスクールの仲間の家でバーベキューをやるようで、喜んで参加する。
東川口に住んで20数年、お陰で楽しい毎日を過ごさせてもらっている(来た当時には想像もつかなかった)・・・・・・






電動コーヒーミル

CIMG4450.jpg

メリタ 電動コーヒーミル・・・パーフェクトタッチⅡ CG-5B

この前の長屋門のお花見参加者は約50人、珈琲愛好会も20人に膨れ上がった。
今まで使っていたディロンギ社のコーン式グラインダーは格好も良く使い勝手も良かったが深煎りの豆や量を多くすると詰まって動かなくなってしまう時がある。
そんな時に備えて写真のメリタ式の電動ミルを購入した。
本当は資金が豊富ならカリタのナイスカットミルが欲しかったが2万円近くするので我慢だ。

趣味の物は何でも高い、電動ミルなんてそんな複雑な器具ではないがやはりコーヒー豆を挽いてコーヒーを楽しむことは結構贅沢なことかも知れないのだ。

まだ豆を煎る器械までは想定してないので挽くまででどこまで追求できるかだ。
それでも大分覚えた、同じ煎り具合・同じ豆でも細かく挽くのと粗く挽いたのでは濃さが大分違う。
お湯を淹れるスピードでも違う、じっくり蒸らしてから淹れるのとストレートに淹れるのではコクが違う。

豆の生産地は皆さんの注目度が違ってきた、コロンビアはどうだとかブラジルはとかその内どこの農場かとか言い出すかも(ワインみたいだ)。

豆の値段もピンキリで、この前タカノ珈琲で飲ませてもらったコピ・ルアックなんかは日常ではとっても手が出ない。
さて素人集団はどこまで到達出来るのか、お楽しみだ・・・・・・
プロフィール

カメ爺さん

Author:カメ爺さん
FC2ブログへようこそ!
 サラリーマン歴38年(北は仙台、西は福岡、転勤13回)いろいろあった会社生活だった。
(企業戦士というシーラカンス)
 定年後は8年間後輩の会社の手伝い、現役時代の暴飲暴食がたたり狭心症になる、カテーテル4回後ついにバイパス手術する、
退院後突如、毎日が日曜日になってしまった。
川口のマンションで妻と二人生活、
子供3人孫3人。
趣味は船釣り・ゴルフ・読書(池波正太郎・藤沢周平)喫茶店巡り・散歩

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR