秋です、イモ煮会だ!!

002_20151112223115768.jpg

去年に続いて舎人公園でイモ煮会(収穫祭)です、公園の木々も晩秋の気配です。

007_20151112223512d38.jpg

006_20151112223558b2d.jpg

飲み物もバッチリ準備できました、天気が思ったより悪く昨日とは変わって非常に寒かった。
お燗した日本酒が身体を温めてくれました。

013_20151112224019cef.jpg

イモ煮(里芋)の温かさが寒さを和らいでくれました、あっという間になくなっていった(自作の里芋は凄く美味しかった)。

015_2015111222445155b.jpg

我が農業クラブの二大行事(春はお花見・秋はイモ煮会)は具沢山です。
女性群がいろいろ作ってきてくれて食べきれないほどでした。

009_201511122248250f5.jpg


028_20151112225257bb2.jpg

これで3年やったK-1農業クラブはカメ爺は卒業です、仲間の方が写真入りの日誌を丁寧に作ってくれたので俺がいなくてももう十分に残った人達で継続出来るでしょう。

川口に移ってから数年、ふれあい農園、ハウス農家の利男さんから無償で借りた畑で十分に楽しんだ後仲間に恵まれ農園クラブで3年間悔いの無い農業体験だった。
所詮素人なので失敗の連続だったが収穫の喜びが何にも増して長続きを後押ししてくれました。

資材など協力してくれた友人や利男さんはじめご教授してくれたプロの農家の皆さんに感謝です、有り難うございました。



スポンサーサイト

秋の新ジャガイモ デジマ

001_2015102216050092b.jpg

秋ジャガのデジマです

秋の新ジャガという表現は何となしに変ですが、夏の終わりに植えた「デジマ」を試し掘りしてみました。
まだ小さいですが家に帰ってから早速茹でてみました、俺のやり方は先ず鍋にジャガイモを入れて水から茹でます。
塩をチョッと入れ茹で上がったらトースターで少し焼きます、そうすると皮ごと食べれて(香ばしい)美味しいですよ。

春ジャガは「キタアカリ」「男爵」「メークイン」等ですが好みにもよるが俺は秋の「デジマ」の方がしっとり感があり美味しく感じます。
収量は春ジャガに劣りますがそれなりに収穫できそうです。
あと3週間もすれば立派なジャガイモに育つでしょう。

別の畝で「ニシユタカ」も作ってます、「デジマ」の保険みたいで2週間後に植えました、こっちも多分大丈夫だろうと思う。


002_201510221620511c9.jpg

白菜の中身です、まわりはかなり虫に食われてしまいましたが、茹でておしたしにしました。これは、サラダ用です。

003_201510221622566e1.jpg

間引きした「大蕪」です、これからかなり大きくなると思われます。
葉の部分がよく生育して非常にみずみずしく、それもやはりおしたしに使えます。
おしたしにした後、醤油と七味をかけてご飯の友にします、美味しいですよ。

素人集団の農業クラブですが、それなりに収穫があり老人の暇つぶしには最適です・・・・・・

秋ジャガイモの花

003_201510041804178b8.jpg

005_20151004180434f42.jpg

秋ジャガイモ(デジマ)の花が咲きました、春のキタアカリは紫色ぽい感じの色でしたがこちらは白っぽい可愛い花です。

10月1日農業クラブの共同作業に出れなかったので今日は葉物類の水やりに畑に出た。
行ってみてびっくり下の写真のように立派に?やってくれていた、みんなで畑をやりはじめてから3年目になりネットを架けるのも十分上手に出来るようになりました。

002_20151004181751bbb.jpg

間に合わせの資材で上手く覆いを被せてくれました。
写真の奥の茂っている作物はイモ煮会で使う里イモです。



俺の畑の始まりはまだ長女が保育園に行っている時からだからかなり旧い話だ。
茅ヶ崎の社宅に入居したのだが敷地が120坪もあり、前の先輩が住んで居た時には雑草だらけだった。
小さな池もあって、何と隣りの子供が来て小便なんかしていたぐらい荒れ放題だったのだ。
雑草を刈り取ってから試しに畑を作ってみようと思い立って、見よう見真似で何にも知らないまま畑を作った。

海岸にも近く(大昔はかなり海に近かったと思われる)そのため土の成分に砂質が多くその為有機質で栄養に富んでいたと思われて、まったく肥料もやらないでもいろんな野菜が採れた(スイカまで作った)。

感激だったのは枝豆とトウモロコシだった、採ってから直ぐゆでると水分がたっぷり甘くて柔らかくとっても美味しかったのですっかり病みつきになった。

だが・・・現実はそんに甘くはなく、まともに出来たのは一年目だけで肥料をやらない畑なんて作物が出来る訳が無く、勤務がえの転居でしばらく家庭菜園から遠ざかった。

その後は勤務所が社有の場合に屋上で魚のトロ箱を使って作ったりした(後任はびっくりしただろう)。

川口に住むようになってから住居がマンションになりベランダのプランターではたかがしれているので、貸し農園を探して地元の農協が管理している「ふれあい農園」でやったり、飲み仲間の大百姓の利ちゃんから空き農地の提供を受けたりして楽しんでいた。
だが、お調子に乗ってかなり広く耕作をしてしまい、雑草除去の作業で右膝を傷めてしまって完全に治るのに5~6年かかった。

しばらくやめていたが農具をどう処分しようかと思っていた時に盛人大学の仲間に出会って「一緒にやってみませんか」と話を持っていって実現したのが「K-1農業クラブ」なのだ。
6人でスタート、今は8人になって素人集団ながら楽しくやってこれた。

今では俺が居なくても十分みんなでやっていけるようになった、仲間の一人が丁寧な写真入り日誌を耕作日の都度作成してくれてるのでそれを見れば大丈夫だ。

仲間から「来年どうしますか」と聞かれているが、寄る年波には勝てず水やりのジョウロも重く感じるようになってはもう駄目だ、残念ながら長い家庭菜園の歴史を閉じなくてはならなくなった。
それでも十分に楽しめた、収穫したジャガイモやトマトを子供の家に送ることも出来たし、後半は多くの仲間とも一緒に出来て畑作業は思い残すことが無い、11月のイモ煮会で卒業だ・・・・・・・

秋ジャガイモに保険

001_20150825193345431.jpg

秋ジャガ・・・デジマを3キロ種イモを植えたが万が一に備えて別品種のニシユタカ1キロを植える。

ホームセンター(ケイヨーD2)で小分けに秋植えジャガイモの種イモを売っていたので試しに違った種類を買って保険の意味で植え込んでみた、デジマが順調ならプラスの収穫になる。

去年は友人から土作りに米糠が良いと聞いて考えもなしに暑い時期に土に入れたら醗酵してしまい、種イモを腐らしてしまった苦い経験があって、暑い時期の種イモ植えには敏感になって保険をかけたのだ(今年は米糠は使わない)。


003_2015082519490791c.jpg

サカタのタネ社から送られて来た白菜と大蕪の種



006_201508252027568fd.jpg

畑でポットを使っての芽出しをすると毎日行かなくてはならないので必要な分だけベランダで作る。
狭いベランダなので文句を言われながらだ(うるさいね~)。

秋の葉ものは白菜と蕪(カブ)だ、そろそろ準備に取りかかる。
芽出し用の土を買って来てベランダでポットにタネを蒔く、まずは白菜からだ。
蕪は直蒔きにする、これでことしの種蒔きはすべて完了だ。

今日は畑に行ってトマトの整理をした、今年は中玉を作ったが苗の間隔がせまかったので蒸れて高温になってしまい出来として良くはなかった(成長がよすぎた)。
それでも全部の苗木は順調に実をつけてくれた、枝落としが決め手かも知れない。

種から作ったトマトも少ないながら実をつけてくれた、だが買ってきた苗ほどではなかった。
挿し芽もやってみたがほとんど実らしいものは出来ずこれはチョッと難しかった、土作りから慎重にやらないと成功にはならないようだ。

意外だったのはミニカボチャで結構収穫があり今でも蔓が成長をし続けて実もつけてくれている、棚で作ろうとしたが地面を這わせた方が実が付くようだ。

隣りの畑は農園のオーナーのお父さんが(本物の農家)やっているが、たまたま今日は俺と二人しかいなかったので色々話をした。
サツマイモの話になってキジの被害があるから気をつけた方がよいと言われた、カラスではなくて雉(キジ)だ。
キジまで畑を荒らすのかと驚いた、この辺には確かにキジは多い、よく鳴き声が聞こえる。
それにしても見沼田圃には野生の鳥獣が沢山いる、畑をやってなければ大歓迎なのだが・・・・・・・



朝ビール

001_201508181233375b2.jpg

秋ジャガイモ(デジマ)の種イモの植え付け、ナスがまだ残っているのでその両側に畝を作った。

003_20150818123404d96.jpg

秋のジャガイモ(デジマ)の植え付けのためにK-1農業クラブの男子4人が早朝6時半に畑に集合。
耕す場所を一昨日整地したで(肥料も運んでおいた)早速耕してから肥料を撒いて畝を作る。

行った時は気温はまだ上がってはいなかったが、湿度が凄く作業の進行とともに気温も上昇してきてさすがに終わるころは皆さん汗だくになった。

種イモ3キロ(36個)、秋ジャガは種イモを一個づつ使うので数は少ない。
春の男爵イモなどは一個を半分とか三分の一個とかにして植えるので数はでる、この時期は非常にデリケートなので一個植えにする。

暑くなったので種イモの植え付けだけで早々に切り上げる。
前回と同じく帰りに「ガスト」によってモーニング、昨日の高校野球の話で盛り上がった。
4人の内二人は車の運転をしないのでモーニングの他に生ビールを頼んでいた。
しょうがない親爺達だが(俺も車で無ければ同じことをしたが・・・)何でも有りの人生の人は気楽に自由にすることが健康の所以である。・・・羨ましい・・・・・

これで畑は一段落、次はトマトやナスの整理と整地をする。

残っているのはカボチャ・オクラぐらいでサツマイモはまだ早く里芋が最後になるのだろう。

種で作るのはこれからは白菜・大蕪だが9月早々にはやらなくてはならない。
長く楽しんだ畑もこれで終わりだと思うと力が入る、ジャガイモの収穫が楽しみだ。・・・・・・
プロフィール

カメ爺さん

Author:カメ爺さん
FC2ブログへようこそ!
 サラリーマン歴38年(北は仙台、西は福岡、転勤13回)いろいろあった会社生活だった。
(企業戦士というシーラカンス)
 定年後は8年間後輩の会社の手伝い、現役時代の暴飲暴食がたたり狭心症になる、カテーテル4回後ついにバイパス手術する、
退院後突如、毎日が日曜日になってしまった。
川口のマンションで妻と二人生活、
子供3人孫3人。
趣味は船釣り・ゴルフ・読書(池波正太郎・藤沢周平)喫茶店巡り・散歩

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR