面白い設定

007_20140814113719bb6.jpg

図書館から借りてきた本・・・鳥羽 亮の時代小説

時代物小説は概ねフィクションだが時代小説の作家が歴史認証者の資料によって知らされている部分を脚色(変化させて)して読者に面白く読ませるように書く。

小説家の凄いところは如何にも見たように聞いた様に文章を作るところだ。
俺のような単純な読者は思わず文章の中に引き込まれてしまう。

写真の小説は、歴史上豊臣秀頼は徳川家康に滅ぼされているが、この小説では真田幸村の息子の大助と大阪城の戦火を脱出して生き延びたことになっている。
薩摩の島津氏を頼って落ち延び、その後紆余曲折の後秀頼の子孫が何と八代将軍徳川吉宗になるという話だ。

「嘘だろう」と思うが、そこは巧みな小説技法で歴史の不思議な部分をチョイスしながら進めて行く。
例えば将軍家に跡継ぎの無い時には御三家(尾張・紀伊・水戸)がそれを世襲することになっていて、その筆頭挌の尾張徳川家が第一候補になるのだが歴史上ではその時の尾張の殿様とその息子が相次いで亡くなっている。

もっと変なのは紀州徳川家の吉宗の兄貴たちも相次いで亡くなっていて世襲の順番があれよあれよと言う間に吉宗に廻って来た事だ(これも事実のようだ)。

吉宗はお庭番と呼ばれる忍者集団を直接の部下(ホントかな?)として縦横に操り大望を果たして行くという筋書きだ。

歴史は昔のことをいろいろな資料で正当化させるのだが本当のことは分からないことが多い、戦国時代以前になるとその資料も少なくもっといい加減だ。

お札に使われていた「聖徳太子」ですら実在されては居なかったととする説が出てくるくらいだ。

逆に江戸時代のように多くの資料がある場合はその真実らしい部分とフィクションを織り交ぜながら如何にもそれらしく書けるので多くの時代小説が書かれている訳だ。
織田信長・豊臣秀吉・徳川家康などは勝ち組なので、資料は沢山在り今でも多くの時代小説作家が好んで書いているのが(売れるから?)そんなことだろう。

でも、面白いものは面白いのだ!!
スポンサーサイト

時代小説家

RIMG4061.jpg

時代物小説を読み始めた最初の頃は戦国時代の英雄伝が多かった。
「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」「武田信玄」などは多くの時代小説家に書かれ、出版されている本も圧倒的に多い。
古本屋で時代英雄の名が出ている本を片っ端から集めたこともあった。

しばらくしてから何かの拍子で山本周五郎・司馬遼太郎を経て池波正太郎や藤沢周平に移っていった。
藤沢周平は時代背景より作者の出身地である東北(山形県鶴岡市が中心)を地盤にして書いているので親近感があり(カメ爺は鶴岡市の大山という所に疎開していた)感情移入したようだ。
池波正太郎は江戸物で俺は東京生まれだが下町のことは知らなかった世界で(生まれ、育ちは杉並)社会人になってから縁が出来たが同じ東京でも違うものだと興味深かった。

藤沢・池波本は何回も読み返していたが、図書館に行くようになってから違う小説家の本はどんなものかと適当に読み始めた。

いかにも江戸時代風がタイトルにあるような物を見つけては借りて読んでいる内に傾向がでてきた。
面白いのがあって、本職は歯医者さんという経歴の「上田秀人・・・奥右筆秘帳シリーズ」を読み始めた。
その本の後ろページの批評欄に「鳥羽亮」や「佐伯泰英」の名が出てきてその繋がりですっかり江戸物の小説にはまってしまった。

眠る前の時間は必ず読まなくては眠れなくなってしまうぐらい楽しみにしている。
これから足腰がきかなくなった時に小説は生きがいになるかもしれない(眼を大事にしよう・・・・・)

剣客商売を歩く

RIMG0049.jpg
江戸時代のカメ爺です・・・・・なんちゃって・・・・・池波正太郎「剣客商売」の秋山小兵衛です

RIMG0040.jpg

図書館で面白いDVDを借りてきました。
「古地図江戸さんぽ」池波正太郎「剣客商売」を歩くです。

江戸時代の地図が詳しく描かれていて池波正太郎の世界に引き込まれてしまいます。

RIMG0041.jpg


RIMG0047_20140216221802a49.jpg

上手く写っていませんが江戸城です・・・一昨年に盛人大学で見学をしました 

「鬼平犯科帳」もあるよ

ゆったりとした時間

 強烈な台風も過ぎ、今日の朝は気持ち良く晴れました、10月1日としてはかなり暑い日でしたが真夏の暑さとは違い家でゴロゴロするには持って来いの気温です。
こんな日の午前中は大体音楽をかけて本読みです。この前図書館で借りてきた火坂雅志の「骨董屋征次郎 京歴」を読む、音楽は本と全く関係無いギタリスト鈴木大介のCD(武満徹ギター作品集)をかけた。
 寝ころんで読んでいると極楽です、何にも予定が無い日もいいもんです。
午後から何時もならゴルフの練習に行くのだが、この前練習しすぎて手首を傷めてしまい暫らくは練習は休み。早く直したいので鍼を打ってもらいに治療院に行った。(やりすぎると碌なことはない・・分かってはいるが)
その後トレーニングセンターに行く、暫らく行ってなかったので60分のウォーキングと腹筋をやってお終い。平凡な一日だったがそれなりに充実?した日だった。

RIMG0733.jpg

命のプロローグ

RIMG0515.jpg題名は彫像の台の部分(緑の板)に書かれてあった

川口市戸塚はさみ第2公園にある彫像・・・なんか意味があるのだろうが芸術に不案内の者にはなんとも不明である
戸塚地区には小規模な公園がかなりある、そこには必ず彫像がありそれぞれ意味があるのだろう、その世界では知る人ぞ知るかもしれない
プロフィール

カメ爺さん

Author:カメ爺さん
FC2ブログへようこそ!
 サラリーマン歴38年(北は仙台、西は福岡、転勤13回)いろいろあった会社生活だった。
(企業戦士というシーラカンス)
 定年後は8年間後輩の会社の手伝い、現役時代の暴飲暴食がたたり狭心症になる、カテーテル4回後ついにバイパス手術する、
退院後突如、毎日が日曜日になってしまった。
川口のマンションで妻と二人生活、
子供3人孫3人。
趣味は船釣り・ゴルフ・読書(池波正太郎・藤沢周平)喫茶店巡り・散歩

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR