鮎の塩焼きにつられて

CIMG3147.jpg

鮎の塩焼き・・・町内会にアユ釣りの名人あり

CIMG3161.jpg

鮎の友釣りを教えてもらう・・・手さばきが凄い

今日は珈琲愛好会や長寿会の仲間から誘われてカメ爺が住む近隣の方々の趣味の会(飲み会)に初参加。
前々から厚川薬局長に勧められていた戸塚酔っ人スクールに顔を出す。

CIMG3154.jpg

どこかで聞いたような名称だナ・・・一時期世間を騒がせた名をもじったらしい・・・この町も洒落た人が居たのだ

会場は家の近くの佐藤町会会館で行われた、6時からというので新参者の俺は20分前に開館に入る。
珈琲愛好会の仲間の一人F氏が実は鮎釣り名人だったのだ。年に30回以上は各河川に出かけるとのこと。
この日は釣ってきた鮎を会館の炉端で(何故かこういう部屋があるのだ?)串に指して焼き上げていた。
酔っ人の会で味合わせてくれるために準備されていた(大変だったと推測する)。

この会は何と425回目を数える歴史ある会だ、40数年前に武蔵野線が開通しこの町に新らしい住民が住むようになった。
旧住民と新住民が酒を酌み交わしながら融和を図ろうと企画したと聞いている、素晴らしい発想と実現力だ。
一人の力ではとっても出来るものでは無いが発想した人それを実現に向けて協力した方々に敬意を表したい。

今日の参加者は20数名ご夫婦で来られた方々も数組いて、とてもアットホームな良い感じだ。
酒は日本酒のみ、俺は日本酒は苦手(頭が痛くなる)なんだが「鮎の塩焼きをやるよ」の言葉につられて飲めもしないのにしゃしゃり出る。

CIMG3162.jpg

会費は1,000円でその他何か一品持って行く、俺は昆布巻きの佃煮を持って行ったが皆さん手作りで持参。
鮎をはじめ美味しい栗や食べきれないお惣菜でお腹がいっぱいになった(アユ飯・松茸ご飯まであった)。

アトラクションで利き酒まであり俺はコップの中の酒の色で5種類の内3種類当てた。

CIMG3166.jpg

楽しい会も2時間半で終了。11月3日の文化祭でも「戸塚酔っ人スクール」でブースを出すようだ、幹事からの細かな指導がありめでたく終了、ようやっと地域に一歩踏み込んだ感じの日だった。






スポンサーサイト

流山散策

CIMG3141.jpg

盛人大学校友会ウォーキング・・・今回は流山散策です

CIMG3107.jpg

常磐線(千代田線)馬橋駅・・・臨済宗 萬満寺・・・運慶作の金剛力士像があるお寺

CIMG3115.jpg

引率(解説者)の先生を混ぜて計35名のツアーです・・・ここは関東でも指折りの古刹・東福寺(起源は平安時代真言宗豊山派)

最近の天気は釣りに行った日以外は雨ばかり、今日もウォーキングは中止かなと思っていたら意外と天気は持って傘なしでウォーキングが出来た。

目的地はつい最近開業100周年の時行った流鉄沿線の散策だ。
専門の案内の人が付いてくれると又一段と興味がわくし違う角度から見物もできるので前に来た時とは感じが随分違った。

お寺や町の歴史など興味深く話してくれる、大勢で行くと話も沢山出来るし又それなりに楽しい。

CIMG3135.jpg

新選組の近藤勇はここで最後に捕らわれたらしい、土方歳三ともここで別れたとのこと・・・歴史だ。

雨模様が一日中ずっと続いたがなんとか降らないで完走できた(13000歩)。
今週はスケジュール満載の週だったゴルフ・釣り・ウォーキング、明日は町内の飲み会だ・・・なんか最後のあがきみたいだが身体が元気な内楽しもう。

長屋門カルチャー教室

CIMG3100.jpg

珈琲愛好会とは別に厚川宅長屋門もっこう館で長屋門カルチャー教室(根付作り入門)第一回を始める。
まだ先の話かと思っていたら今日から始めますということで10時に長屋門へ行く。

同じ町内のY氏が以前厚川薬局のミニイベントで「根付け作りの」お話と実演をやってくれた、その時に何とか教えてくれないかなと思っていたら、今回薬局長の肝いりで根付作りを初歩から教えて貰えることになった。
近所の皆さんにも参加してもらいたいが、そうは言っても「根付作り教室」と正面から出ると作品を見ただけで尻込みしてしまうので、先ずはカルチャー教室と名うって楽しみながらやってみたらどうかと考えていた。

何日か前に発足の打ち合わせやりましょうかと言ってる矢先に集まった今日が第一回になってしまった。
参加者は4人、兎に角発足しようと言うことになった、今日は会の進め方や材料の話、根付制作に必要な道具類の説明と使用方法を学ぶ。

CIMG3104.jpg

初めて見る道具ばかりで道具も手作りすると聞いてびっくりした

材料はピンは象牙やサイの角とかいろいろあり、初期の段階では練習に柘植の木を使ったりするようだ。


CIMG3102.jpg

削る小刀も材料や作る形に合わせてた形のもので、その小刀も作ってしまうそうだ(凄い数だ、形も色々)。


何はともあれ少人数だけれども始まってしまった、会員増強は難しそうだが先ずは俺自身が初歩から教わらなくては・・・・・・



先生のお話が終わってからコーヒーブレイクする。
場違いだが昨日釣ったマアジをお寿司屋さんで握ってもらったのが少しあったので持ってきた。

CIMG3097.jpg

一人一個しかないが皆さんに美味しいと言ってもらった、手前みそじゃないけどホント美味しかった。
釣りは3つの楽しみがある、行く前の仕掛け作り、釣りそのもの、帰って来てから食する・・・と、贅沢な遊びだ。

今日のコーヒーはフレンチプレス(コーヒープレス)を使って淹れる、豆はモカを使用ガッチリ入ってしまい「濃すぎるよ」と言われた・・・ご愛敬です。

柳の下の泥鰌(どじょう)

CIMG3087.jpg

天気晴朗なれど波高し

CIMG3084.jpg

前方は猿島・・・アジ用タックル(竿)、リールはシマノの小型電動リール(小船1000)

この前のゴルフから雨続き、やっと晴れてくれてこの日は釣友の春さんとそして今回から春さんの友人が一人参加。
行きの車の中で今日は穏やかだから海も浪が無くていいよな何て言いながら金沢漁港に着く。
しかし、陸上と海上は中々イコールとは言えないのだ、波はその場の風だけではなく前日や遠くのうねりにも影響するのでやっかいだ。

それでも雨は降らずマアマアの釣り日よりだ、この日の潮は大潮の一日目これが結構この日の釣果に影響した。
前回、大漁だったので今回もと意気込んで出船(船は前回と同じ青田丸)。

だがだ、競馬で言う「二走ボケ」じゃないが当に「柳のしたには」の世界になった。
全く釣れないのだ、船はこの前釣れた旧第三海保の海上らしきところを狙っていたようだが、全然釣れず。
そこは諦めて以前良く行っていた猿島沖で狙う、ここは型は小さいが何とかポツポツとは釣れる。

春さんが小型のアジを釣ったのだがこの前なんかはタモ網を使わないでそのまま抜き上げたのを大事にタモを使ってようやっとゲットしていた(笑える)。
俺にも来た、かなりの引きでこれは前回同様の大きさの大アジだ、春さんは横目でチラッと羨ましそうに見ていた。
釣りってえのは仲良しでも何となくライバル心があり心理は非常に微妙だ。

ここでも長くは持たず船長もお客が少しは釣ってくれたので良しとして又元の場所の移動する。
その内大潮の本領発揮で潮の流れが凄くなった、底だちを上手く取れないのでコマセを撒くタイミングが悪く全然釣りにならなくなってる内に沖上がり(終了)になってしまった。

釣果は俺がこの前の半分、春さんは三分の一だった、友人も初参加で春さんからこの前の釣果を聞いて期待してきたが残念でした。
釣りには絶対はない、自然相手なのでその時その時が勝負だ。

昔からこういう状態のことわざは多い、期待し過ぎたり思い込みは禁物だが趣味の世界は欲張りが多いのは楽しみを求める心が強いということだろう。

波がきつく背中の筋肉が痛く成ったり家に帰って右ひざを見たら痣になったりしていた、それでもまだ出来ることに感謝だ。
でも、疲れた・・・・・・・

大三元成らず

CIMG3057.jpg

大三元聴ぱりました・・・神根福祉センターのボランティアでの麻雀

東の一局始まったばかりで結構早く大三元を聴牌(てんぱい)するが、結果は対面のIKE〇氏が3面チャンのリーチ自摸をしてしまい俺は残念ながら上がれなかった

毎週月曜日は川口市神根福祉センターでデイサービス利用者と麻雀だ。
相手3人は何らかの障害を持っているが皆さん明るく元気だ。
週一回しか相手をすることが出来ないが、彼らは楽しみに待っていてくれる。

賭けたりしないし点棒も使わないが、みんな真剣そのものだ、上がるとお互いに喜ぶ。
大変なのはスタート時の牌を積む時だ、利き腕に障害を持っているので左手一本で牌を積むのが、大変だがそれもリハビリになるので一生懸命だ。

俺も真剣にやるが皆さん結構強いんだ、賭けて無いので駆け引きはないがスピード勝負だ。
意外とドラを気にしたりして本チャンの様相をかもしだしてはいる。


この日は大広間の方では映画「男はつらいよ寅さん」をやっていた。

CIMG3060.jpg

デイサービスでここに来る利用者そしてお世話をするヘルパーの方々、いろんな形で参加しているボランティアの人達皆さんとっても清々しい雰囲気だ。
事務の人も感じが良い、毎週ここに来るのが楽しみだ。
もっと早くボランティアに目覚めればと思った、機会や出会いが無いと中々参加できないが社会福祉協議会にももっと協力したいが。
川口市社会福祉協議会から先日のボランティア入門講座のお礼状が来た、俺が喋ったからではないだろうがアンケートでは参加者は全員今後ボランティアに参加したいと回答があったということだ。
回答の中に「ボランティア経験者の話があったのは良かった」なんて泣かせる回答もあった、嬉しいかぎりだ。

俺の健康年齢もボチボチだがもう少し頑張れるかもしれない・・・・・・・

プロフィール

カメ爺さん

Author:カメ爺さん
FC2ブログへようこそ!
 サラリーマン歴38年(北は仙台、西は福岡、転勤13回)いろいろあった会社生活だった。
(企業戦士というシーラカンス)
 定年後は8年間後輩の会社の手伝い、現役時代の暴飲暴食がたたり狭心症になる、カテーテル4回後ついにバイパス手術する、
退院後突如、毎日が日曜日になってしまった。
川口のマンションで妻と二人生活、
子供3人孫3人。
趣味は船釣り・ゴルフ・読書(池波正太郎・藤沢周平)喫茶店巡り・散歩

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR